「先生、明日はどうしても仕事で抜けられないんです。風邪が早く治るよう、ガツンと効く注射でもして下さい!」

毎年かぜが流行る時期の外来には、こんなせっぱ詰まった患者さんが必ずいます。そんな時、これまでの私は

「風邪薬は症状を和らげるだけで、基本的には本人の免疫力で治るのを待つしかないんです。症状を楽にするお薬を出しておきますね。」

と答えて患者さんを少しガッカリさせてきました。

ところがどっこい!最近「かぜを簡単に早く治す方法」を教えて頂きました!山中淑雄先生がアゴラの中で提案されている、頚部カイロ保温法というものです。 方法はいたって簡単。

風邪を引いたかな~?という極めて早期の段階で、すぐにマスクを付け、首の前後に使いすてカイロを1-3個セットするというもの。

風邪ウィルスは34℃付近で増殖しやすいという事実に基づいており、長時間(10-20時間)鼻と喉の奥を35度以上に保ちウィルスの増殖を防ぐ、というメカニズムです。ウィルスは数時間で100-1000倍のペースであっという間に増殖するので、あれ?と思った時点ですぐに始めるのがポイントです。この方法なら、マスク+ネックウォーマーというスタイルで、仕事中にも続けられるので、自宅で療養することが出来ないという方でも続けられるというのは大きなメリットです。 詳しく原文を読みたいという方はこちら http://agora-web.jp/archives/1560250.html 私はこの方法を読んで、なんて素晴らしい!!と思いました。非常に理論的で、かつ実生活ですぐに役に立つ、これぞ「生活の智恵」ですよね!!

絶対に倒れられない頑張り屋の皆様のために、受け売りながらここに載せさせて頂きます。へぇ~~と思ったら、ぜひ試してみて下さい。ウィルスに負けずに冬を元気に乗り切りましょう。