大変ご無沙汰しております。白土です。8月下旬に無事女児を出産し、10月24日から通常勤務に復帰しています。産休中のご迷惑をおかけしたことをお詫びすると共に、ご理解と温かいサポートを頂いたすべての方に心からお礼を申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 産休明け翌々日、さっそく病院外で大きなお仕事がありました。友部公民館で行われた連合茨城医福労連のフォーラムでの講演です。


『コウノメソッドの実践から~笠間市立病院の取り組み』と題して認知症の診断や治療の考え方、そして当院でのもの忘れ外来の状況や改善例の紹介など、1時間ほどお話しました。参加者は医療関係と一般の方が半々とのこと。100名を超える参加者を前に少々緊張しましたが、終了後にはコメントや具体的な相談も頂き、本当にやってよかったと思いました。(産休明け直後の微妙な時期であり、体調が予想できなかったためお引き受けするべきか迷ったのです…。)週末にわざわざ足を運んで下さった方、本当にありがとうございました。

 フォーラムでは他の演者の方のお話に笑い、そして感銘を受けました。同じ地域で、それぞれが異なる角度から懸命に認知症と向き合っているんだな…と改めて認識し、心強く感じました。このような地域のネットワークの必要性を感じる今日この頃。最近はケアマネージャーさんから直接相談を持ちかけられることも徐々に増え、それが内心とても嬉しいのです。ご期待に添えるかはわかりませんが、ぜひ気軽に声をおかけ下さい。

 自分なりにこれから更に知識を深めていきたい項目や領域もはっきりしており、よき師匠の面々にも恵まれているので、後はやるだけ。産休ボケの自分に喝~!ということで昨日の子供の幼稚園弁当はカツサンドです。キャラ弁を作るエネルギーは一滴も残っておりません。