保険診療を行うために

一定要件を満たすことで、保険診療にて禁煙治療を行うことができます。

健康保険が適用されるための条件  (ファイザーHP)

禁煙治療にかかるお金

3割負担で2万円弱とお考え下さい。(毎日500円のタバコを吸っている方は、やめて1ヶ月半弱で元が取れます)

 禁煙治療の流れ

全部で5回の通院が必要です。

初回診察➡2週間後に2回目の診察➡2週間後に3回目の診察

➡4週間後に4回目の診察➡4週間後に5回目の診察(最終回

基本的には次の受診までの日数分お薬を処方します。ただし仕事や家庭の都合で、厳密に上記の通り受診が難しい場合には、早めに受診して頂き次回のお薬をお渡しすることも可能です。一度ご相談下さい。

診療にかかる時間

初回はやや長めのお時間(30分程度)を頂いてお話をしますので、予約制となります。2回目以降は前回お約束頂いた日に通常外来を受診して頂きます。

 禁煙治療の方法

タバコがやめられない理由には、身体的依存と心理的依存という2つのメカニズムが関与していると言われています。

身体的依存(ニコチン依存症)に対しては、禁煙補助薬が有効です。禁煙補助薬の選択肢としてニコチンガム・ニコチンパッチ・飲み薬の3種類の方法があります。当院では主に、成功率が最も高いと言われている飲み薬(チャンピックス)を使用して診療を行います。他の方法で禁煙したい場合にも可能な限り対応しますので、お電話での申し込み時にご相談下さい。

心理的依存についての対策も大切です。当院では、外来の最初に必ず「なぜタバコをやめたいと思ったのか」をお聞きし、内発的動機をしっかり高めた上で禁煙に踏み切って頂きます。詳しくはこちら

 禁煙外来での検査

毎回診察前にスモーカライザーでの一酸化炭素測定を行います。この機械を口にくわえて息を吹き込むことで、吐いた息に含まれ一酸化炭素の濃度が測定できます。喫煙していると一定値以上の数値が出るため『ウソ発見器』の役割も果たしますが、ご自分の吐いた息が綺麗になっていく実感を持って頂くためのツールでもあります。

スモーカライザー

*長期間タバコを吸っていた方は、COPD(慢性閉そく性肺疾患)や肺がんのリスクが高い方です。この機会に呼吸機能検査を行い、現在の呼吸機能をしっかり把握することもお勧めします。(上記値段には含まれていません)

 禁煙に注意が必要な方

うつ病、統合失調症などの精神疾患があり通院中の方は、状態が不安定な時期に禁煙を行うことで精神状態が悪化することがあります。精神科の主治医と相談し、慎重に進める必要があります。自分は落ち着いており大丈夫だ、という方も、一度診察の際に主治医に禁煙治療の許可を得てからご受診下さい。