3月1日、東京品川で待ちに待った認知症治療研究会 第1回が開催されました。

日本の医療にとって大きな一歩。そんな大きな意義のある会に参加できたことを誇りに思いますが、個人的にはそこに流れる自由で熱い空気がとにかく魅力的でした。もっと色々な方とお話する時間が欲しかったです。お会いできるかな…と期待しながらすれ違いでお会いできなかった方もおり、次のお楽しみとします。次はどなたかに見つけて頂きやすい目立つ格好で行かなきゃ。

最近の私は、本当によき出逢いに恵まれています。何を大切に思うかという価値観が似ている者どうしがつながることで、一人一人が活動するよりももっと大きな力が発生する。‘化学反応’が起こると感じています。

写真は師匠の河野先生と水戸ナラティブケアの方たち。信頼できる強力な仲間を得たことで、これからの一年はますます充実したものになりそうです。

認知症治療研究会