今日も小児科のお話。先日の友部小学校のでのレクチャーでもポイントを置いてお話しましたが、今日県立中央病院の小児科稲川先生の外来を見学させて頂き、改めてなるほどな…と思ったので取り上げさせて頂きます。

それは『食物アレルギーの診断において、アレルゲン検査は必須ではない』ということ。

お子さんが卵を食べて痒みを伴うブツブツが出たとします。お母さんが、もしかして食物アレルギー?と心配して病院を受診したとします。経過を説明して

「先生、うちの子は卵にアレルギーがあるんでしょうか?」

と聞いた場合に

「それではアレルゲンテストで調べてみましょう。」

という流れになることが、よくあります。私もそうやって検査したことが何度もあります。

検査をして数日後、手元にはアレルゲンテストの結果が返ってきます。代表的なアレルギーを示す食物について、丸の数でアレルギーを示す強さが表示されています。アレルゲン検査とは、正式には特異的IgE検査と言い、アレルギーに関与する抗体というタンパク質の量を6段階で表示します。

卵〇〇〇 小麦〇〇 そば〇 エビ・カニ(-)

もっともらしいですよね。単純にこの結果を信じると、

「やはり卵にはアレルギーがあるようですね。それから小麦とそばもプラスと出ていますから食べない方がいいでしょう。」

と言ってしまいそうですが。ところがこのアレルゲンテスト、疑陽性・偽陰性が多いことが問題点として指摘されています。つまりアレルギーがないと判断されても実際に食べてみたらアレルギー症状を示したり、アレルギーありという表示されていても普段問題なく食べていたりということが起こりうるのです。

しかしアレルゲンテストの結果が絶対だと思い込んでしまうと、アレルゲンテストで陽性(アレルギー反応あり)と表示された食べ物は、全て「避けた方がよい食べ物」になってしまいます。それまでは問題なく食べていた物が、検査結果によって食べられなくなってしまうのは、何だかおかしいですよね。

食べてはいけない物が1種類ならともかく、4種類も5種類もあったらどうでしょう。毎日のように家庭で料理をするお父さんお母さんはとにかく大変です。お子さん本人も、外食・お友達との交流など社会活動にも制限が大きくなります。また栄養も偏りがちになり、成長に影響が出る可能性さえあります。痛い思いをした上に、大変なマイナスをしょい込むことになります。

検査でプラスと出ても実際には食べても問題ないことが珍しくない。マイナスと出ても絶対にアレルギーがないとは言い切れない。それならどうすればいいの?

検査をしなければいい?!

検査結果はあくまで目安であり、食物アレルギーの診断において必ずしなくてはいけないものではないということを理解しましょう。小児科外来でも、あえて検査をしないことも多いとのこと。日々の暮らしにおいては、実際にアレルギー症状が出たかどうかを一番の拠り所とするのです。以前に強く症状が出たなど、明らかに犯人らしい食べ物はしばらく食べるのをお休みする。白か黒かはっきりしない場合は加工品(一般的には火が通っていない生の方がアレルギーが出やすいことになっています)を少量から食べて様子を見るという対応です。幼児までの食物アレルギーは成長の過程で食べられるようになることが多くありますから、「アレルギーがあるからずっと食べてはいけない」ではなく「いつのタイミングで食べられるようになるだろうか?」という目で見守っていくことも大切なポイントです。これについては小児科の先生と相談しながら作戦を練る形になります。このような継続的な見守りなしに、一回アレルゲンテストをやって食べないことを勧めて終わり、という対応は望ましくありません。

勘違いされやすいのが、小学校入学時に求められる「食物アレルギー調査書」です。この用紙には、参考としてアレルゲン検査などをした場合にはその結果を添付するよう記載されています。この書類を見て学校の先生が「アレルゲン検査をしてもらって下さい」と親御さんに話したり、書類を書くことを求められた開業医の先生が「アレルゲン検査をしなくてはいけないのか。」と思って検査を行うことがあるようですが、アレルゲン検査は必須ではありません。「症状からアレルギーがあることが明らかである」として検査結果を添付せずに提出しても問題はありません。

あなどることなく、かつ無用に恐れすぎることなく、上手に付き合っていければいいですね。稲川先生、いつも丁寧に大切なことを教えて下さり、ありがとうございます。

pizza

笠間のカフェWasugazenの時間。読書しながら過ごす時間が癒しのひと時です。