ふと気づくと、前回の更新から1ヶ月も経過してしまいました。前回の記事にコメントを頂いた方にはただただ無礼をお詫びするのみです。

今さらですが、2月7日(日)に日本橋でセミナーを行いました。会場入りする前にこっそりとスリランカカレーを食べて英気を養い。

 

カレー

セミナー本番では尊敬する‘町医者’である長尾和宏先生と共にお話をさせて頂き(長尾先生の朗読に、涙がこぼれそうになりました…)、多くの方と直接お話するチャンスにも恵まれ、すっかりスーパーエネルギーチャージ!!!パワーアップしたつもりでいたのに…。

セミナー翌々日から独特のゾクゾクする悪寒に包まれ、インフルエンザA発症。週明けに復帰して空けた穴を埋めるべく頑張って働くぞ~と気張って1週間たったところで、なんと今度はインフルエンザBを発症し、再び5日間の療休を頂くことになってしまいました。

イナビル

ご迷惑をおかけした地域の皆さま、職場の同僚の方々、本当に申し訳ありませんでした。

東京に向かう電車の中で読んだ本で、イチロー選手は階段とスロープがある場合には必ずスロープを使うことにしている、階段には、万が一の可能性として踏み外して足をねん挫するリスクがあるから…という話が載っていました。あのイチロー選手が階段を踏み外すシーンなんて正直想像できませんが、それほどまでに「ケガや事故を起こさない」という意識が徹底しているのが本当のプロなんだな、と感銘を受け『無事これ名馬』という言葉と共にその教訓を心に刻んだばかりでした。

翻って自分は…と自分の不甲斐なさを恥じております。患者さんや家族が困ってすがるように外来を受診した時に、まずは必ず診察室にいること。そんなあたりまえ過ぎることを徹底できるように、自分自身の健康管理を見直そうと思います。カリフォルニア大の研究で、睡眠時間が5時間未満と短い人は、7時間以上睡眠をとっている人に比べて4.5倍風邪にかかりやすいという結果が発表されていました。とりあえず1歳の末っ子の夜泣きにつき合わされて睡眠が細切れになる状態から、早く卒業したい…とひそかに願うのでした。まぁこればかりはすぐにどうにかなるものではないので、他の所を何とかして免疫力向上をはかります。皆さまもどうぞお体を大切にされて下さい。

ちなみにインフルエンザ療養のお供は、長尾先生の本でした。

長尾先生