3月13日(日)は年に一度の大切な日!パシフィコ横浜での認知症治療研究会第2回に参加してきました。

昨年もそうでしたが、今年も発表の内容の濃さに圧倒されました。「明日からすぐやろう!」と思える実践的な内容が満載です。そして会場全体の雰囲気の力強さと優しさも、何とも魅力的でした。今回も素敵な出会いに恵まれ、ポジティブなエネルギーを頂いて帰りました。

翌日からの私のアクションは…

・グルタチオン・シチコリン・ソルコセリルの黄金比を、きちんと考えるようになった。

・シロスタゾール祭りが開催中。(薬局で松本さんがほくそ笑んでいることでしょう)

プレタール

・バリデーションとアロマセラピーの本を注文した。

書き込みでいっぱいのこの冊子を見直しながら、自分なりに成長して日々の診療にフィードバックしようと思います。認知症があっても、その人は最期までその人ですから、ね。

開催にお力を注いで下さった関係者の方々、お声をおかけ下さった参加者の方々、本当にありがとうございました。

尊敬する師匠、河野先生と写真を撮って頂きました。

河野先生と。