ネット上で情報を探しウロウロする私の目に飛び込んできたのが、開業支援コンサルタントであるOさんのホームページでした。他のホームページが「お忙しい先生のために精一杯力を尽くします。」という綺麗な言葉でまとめられているのに対し、Oさんのホームページには、こちらが知りたい本音がズバズバッと書いてあり、情報量も圧倒的に多かったのです。頭がいい人だな、と思いました。

ただ最初からすぐにコンタクトをとらず、お気に入りに登録して遠巻きに眺めている期間がありました。一言で言うと「怪しかったから」です。Oさんが書かれている仕事の功績があまりにもよいので、眉唾ではないかと疑っていた私。世の中うまい話には必ず落とし穴があるのです。ましてや医者は脇が甘く騙されやすいと聞いて、身構えていた身。失礼ではありますが、知識もない子羊が変なビジネスににひっかからないためにはとにかく‘ひたすら疑う’しか自衛手段がないのです。代表者の顔写真がないことも不安でしたし、遠方にオフィスがあることも大きな懸念材料でした。
こわごわ初回メールを送ると、半日もしないうちに返事が来て、まずはそのスピード感に驚きました。またこちらの知りたいこと1つ1つに、丁寧かつ具体的な返事を下さったことにも驚きました。その後他のコンサルタント業者さんと直接お会いして、知らん顔をしてOさんにぶつけたのと全く同じ質問を投げかけてみましたが、回答の質の差は素人にも歴然でした。他の業者さんは耳障りがよく楽観的な話、こちらに賛同するような話しかしませんでしたが、Oさんだけは違いました。「クリニックと住宅を併設することはお勧めしません。理由は…」「冬場に調子が悪くなる方が続出して訪問診療を続けられなくなると先生の長期的な信頼に関わりますから、最初のうちは訪問診療には上限を設けた方がいいです。」という具合に、一見マイナスに思える情報もしっかりと理論的に説明してくれました。これにより、当初のイメージは覆され、メールのやり取りをする度に信頼度が増していきました。