笠間市立病院に勤務時に、実習に来たある男子学生さんが、栄養科で見せられたムース食を見てぽつり。

「なんか、そそられないですね。」

君、それ言っちゃう?!

あまりにも率直な感想は、私の中で時を経るごとにじわじわと効いてきました。実は私も、同じように感じていたのです。でも、それしか口にできない人がいるのだからそんな風に思ってはいけないと、無意識にブロックをして何も感じないようにしていた気がします。その学生さんは私と違い、自分が食べるんだったら…と自分ごととして受け止めたのです。患者と医者という立場上の違いを口実に線引きをした私と、しなかった彼。彼の方が誠実でした。まずは自分ごととして受け止めなくては何も変わりませんから。

そして最近、特養(特別養護老人ホーム)に入所されている女性の認知症患者さんのお話。これまではソフト食が提供されていたのが、スタッフ間の話し合いを経てペースト食に変更されたのだそう。嚥下リハビリなどはどうも行われていないようなのです。娘さんが「ほら、お魚だよ。」とスプーンを口に運ぼうとしても「これは、魚ではありません。あなたは嘘つきです。」と言って食べようとしない。‘そそられない’ 見た目だったのでしょう。ところが娘さんと外出先で回転ずし店に入り、そっと好物のあなごを出してみたら、なんと食べられたのだそう!いつもペースト食を提供されている人が、刻んだかつおの刺身も、銀シャリも食べたのです。これってどういうこと?

「食べる」という行為の奥深さを感じると共に、もう少し何とかならないかな~と現状にもやもや。

口から食べる

現状への疑問は、次に見たい世界へと自分を導いてくれます。この地域の方が最後まで自分の口で食べることを楽しめるようサポートする‘食医’ を目指そう。どんな風にステップを進めていくか、今一生懸命考えています。心強い仲間がたくさんいるので、きっとうまくいくと思います。

おいしいもの

温かい雰囲気の食堂で、子供もお母さんもおじいちゃんも、元気な人も病気の人も、みんな笑顔で一つのテーブルを囲んでおいしい食事をするシーンを思いうかべて。