今年1月にクリニックを開院してはや9ヶ月がたちました。最初の1年は、まずは落ち着いた状態で日常業務を行えることを最優先としてきましたが、ここに来て黒船襲来です。そろそろ次のステップに進む頃だよ、というメッセージだと受け止めて、思い切って最初の一歩を踏み出します。

黒船の正体は、なんと患者さんご本人でした。ご本人が勉強会の資料を送って下さるという通信教育システム笑!!!期待を裏切れません。この2週間はテスト前のような学び強化月間です。ただただ患者さんとご家族のことを想い手探りで道を開く師匠、河野先生の後を今回もついていきます。

発達障害

大人の暮らしは、家事育児や仕事と、本当に煩雑な業務の中で多くのことを同時にこなさなくてはいけないことの連続です。私自身も器用ではないので、何か一つに集中すると家の中がぐちゃぐちゃになりますし、先日は子供の登園時におにぎりを持たせ忘れて東京に遠征するという失態を犯したばかり。(子供は担任の先生のカレーおにぎりを分けて頂いてニコニコでしたが)ダメ母ぶりにはさすがに気が滅入りました。リリーの動画(https://www.youtube.com/watch?v=Nl42B8lBMw8)を見て、そんなことが毎日のよう起こるんだな、と想像。当事者の方の「自分のせいだと長い間自分を責め続けていました。」「みんながあたりまえに出来ることが、なんで自分にはできないんだろうと悩んで」という言葉に、どんなにかしんどい日々なのだろうとこちらまで辛い気持ちになりました。その心細さや苦しさを少しでも和らげるお手伝いが出来たらな、と思います。