こんにちは。朝夕の冷え込みは、すっかり冬ですね。笠間にもインフルエンザの発症が見られ予防接種も本格化。クリニックもすっかり臨戦態勢に入りました。

先日10月27~28日の週末は、岡山県への出張でクリニックを休診とさせて頂きました。(地域の皆さまにはご迷惑をおかけして恐縮です。)

今回の出張は、川口メディカルクリニックの川口光彦先生にお声をおかけ頂き実現しました。「楽しい老後を目指す晴れの国勉強会」への参加です。1日目は医師向け、2日目は一般の方向け。今までで最も遠方への出張にして初めての岡山、初めての医師向け講演に初めての2日連続講演…と私にとっても初めて尽くしでかなり緊張して臨んだのですが。

非常に充実した2日間となりました。参加された先生方が、会場のあちらでもこちらでも深く頷いたりメモをとって下さる姿に勇気づけられ、講演に集中することができました。質問も活発にして下さったので、翌日の講演も明るい気持ちで出来ました。一般の方に適切な認知症診療について熱弁した後に「だけどこの地域には実践しようという医師がいないんです。」と続けば、がっかりさせてしまうことは間違いありませんから。その点岡山には既に9名の実践医の先生がいらして、先日の勉強会にも40名を超える先生が熱心にお話を聴いて下さった土地です。なんと希望が持てること。2日目に参加されたケアマネージャーさんの姿勢(お勧めの教科書を複数のケアマネさんに聞かれました)も本当に心強く感じました。今の自分にできることと使命を再認識させて頂き、貴重な旅となりました。

飛行機が飛び立つ際に見た、霞がかった山々と瀬戸内海に浮かぶ島の美しさを、1週間たった今でもふと思い出します。自然が美しく人が温かい、そして美味しすぎる岡山(笑)またすぐにでも行きたいです。

いくら おさしみ

温かな心遣いでもてなして下さった川口先生、ありがとうございました。先生のホスピタリティには遠く及びませんが、私も少しでも周囲の人に多くを与えられる人になろうと思います。

川口先生と