人生は前半が主役で、後半はただただ下り坂なのか。

医者は診察室で検査して薬を出すことだけが仕事なのか。

年を重ねて体が不自由になっったって、少々ぼけたって、それでも自分の後半人生悪くないよって笑っていられるように。そんな地域のために何ができるのか。

 2年前にクリニックを開院してから、ずっと考え続けてきました。そしてふと気がついた。そうだ、仲間がいたんだった!気づくの遅すぎですが。フットワークが軽い仲間に声をかけてからは、あれよあれとと言う間に事態が進展です。

『薬に頼らずに健康をつくる会』

3月15日キックオフミーティングで始動しました!
子守りがいなくて子連れで開催し、さんざん迷惑をおかけしました。私が超絶苦手なお金の勘定も、事務的なマネージメントも、強力なバックアップがついてホッと安心。(そういうことはいつまでも苦手ではいけません)

薬に頼らず

肉

この会を経て健康になって、クリニックを卒業していく人が続出してほしいです。笠間に一人も病人がいなくなったらクリニックつぶれるな…と本気で心配しつつ笑 その時はその時でお仕事かえます。

 早速1回目のアクションに向けてアクセルを起こし始めました。そうそう、自分も薬に頼らず何とかしたいと思っていたの!という方は、気軽にお声をおかけ下さい。元気に自力で人生を楽しみたい方であれば誰でもOK。職種も年齢性別国籍も一切関係なしです。健康な地域は、自分たちで作りましょう。